軟骨ピアスの選び方

軟骨ピアス・ボディピアスのご購入をご検討中の方へ
ご注文前にご確認いただきたい3つのポイントをご紹介いたします。


   



プレゼント用
軟骨ピアス・ボディピアスの選び方。

目次

1). バーベルの選び方。
2). プレゼント用 ピアスパーツの選び方。
3). ピアスショップの選び方。
※当店では、プレゼントされた後に、サイズが合わなかった場合は、理由の如何に関わらず返品・交換を承ります。

1). バーベルの選び方。

バーベルとは、ピアスホールに入るパイプ状のパーツで、一般的なピアスの針にあたる部分です。

バーベルの選ぶ前に、

1. 長さ(内径)
2. 太さ(ゲージサイズ)
3. 素材

以上の3点をご確認ください。

1.バーベルの長さ(内径)を選ぶ。

以下の画像より、部位(ピアスホールの位置・場所)の「名称」をご確認いただき、各部位における一般的な長さをご確認ください。

■ 部位(ピアスホールの位置・場所)の名称
軟骨ピアス・ボディピアス部位名称

 

■ バーベル長さ(部位別 目安)

※色の濃い部分が一般的にオススメの長さとなります。※ピアスを開けたばかりの場合は、ピアスホールの周辺が腫れる可能性がございますので、表の長さ+3mmをお選びください。
※不明な場合は、一般的に人気が高く汎用性の高い7mm~8mmがオススメです。
※プレゼントされた後に、サイズが合わなかった場合は、返品・交換も可能です。(往復分の送料も当店で負担いたします。)

2.バーベルの太さ(ゲージサイズ)を選ぶ。

バーベルの太さ=ピアスホールの大きさ(穴の直径)で、ピアスを開けたときに使用した「針の太さ」でもあります。
ゲージサイズ(単位:G)といわれ、数字が小さくなるにつれて、その直径は太くなります。

20G:直径 約0.8mm(一般的なピアスの太さ。)
18G:直径 約1.0mm(一般的なピアスの太さ。)
16G:直径 約1.2mm(軟骨ピアスとしてやや細め。)
14G:直径 約1.6mm(一般的な軟骨の太さ。)

ゲージサイズは、見た目で判断することが困難なため、プレゼントをされる方に直接ご確認いただくことをオススメいたします。事前にご確認いただけない場合は、細めの16Gをオススメいたします。

※プレゼントされた後に、ゲージサイズ(太さ)が合わなかった場合は、交換も可能です。

3.素材を選ぶ。

当店で販売するバーベルは、18金イエローゴールド・プラチナ(Pt850)素材です。
一般的に人気が高い素材はゴールド素材となりますが、職場でもご使用される機会が多い方には、プラチナ素材も人気です。

※メッキ素材など安価な商品と比べると、圧倒的にアレルギーの心配が少ない貴金属ではございますが、中には金やプラチナにアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。もしも、アレルギーをお持ちだった場合は、返品・交換も可能です。

2).プレゼント用ピアスパーツの選び方。

パーソナルジュエリーピアスパーツ

誕生石、星座、アルファベット、その人を象徴するモチーフ。
あなたが、その人を想って選んだ特別なプレゼントとなるためオススメです。

ギフトセット

何を送るか迷ったら、当店人気商品をパッケージにしたギフトセットがオススメです。
※ギフトセットに単体のピアスパーツを追加していただくことも可能です、一つのプレゼントとしてまとめてラッピングさせていただきます。
以下のページより、パーソナルジュエリー・ギフトセットをご覧いただけます。

3).ピアスショップの選び方。

ボディピアスを快適に楽しむうえで、バーベルの長さ・太さ選びは重要です、ご自分用として購入された方でさえも「もうちょっと短めが良かった」など、バーベル選びに満足できないこともございます。

もしも、プレゼントをされた後に、
「バーベルの長さ・太さが合わない。」
このような場合は、商品の交換に対応してもらえるショップがオススメです。

当店では、理由の如何に関わらず、バーベルやパーツの返品・交換を承っておりますので、ご希望の際はお気軽にお申し付けください。

※返品・キャンセル、いずれの場合であっても、往復分の送料は当店が負担いたします。




最後に、
picolletで販売する「すべてのピアスパーツ」は、
picolletで販売する「すべてのバーベル」に対応しています。

着替えるようにピアスパーツの組み合わせを変え、ピアスコーディネートを楽しんだり、コレクションを増やすことがちょっと楽しみになったり、
このプレゼントをきっかけに、その方の毎日が、少しでも「楽しく」なっていただけたら本当にうれしく思います。



以上が、プレゼント用軟骨ピアス・ボディピアスの選び方となります。



ここから先は、ご自分用に軟骨ピアス・ボディピアスを選ばれる方向けのコンテンツとりなます。




目次

1). バーベルの選び方。
2). ピアスパーツの選び方。
3). ピアスショップの選び方。

軟骨ピアス・ボディピアスの選び方。

1). バーベルの選び方。

バーベルとは、ピアスホールに入るパイプ状のパーツで、一般的なピアスの針にあたる部分です。
バーベルの選ぶにあたり、まずは、

1. 長さ(内径)
2. 太さ(ゲージサイズ)
3. 素材

以上3点を、ご確認ください。

1.バーベルの長さ(内径)を選ぶ。

下の画像より部位の名称をご確認いただき、各部位における一般的な長さをご確認ください。

部位(ピアスホールの位置・場所)の名称
軟骨ピアス・ボディピアス部位名称

 

バーベル長さ(部位別 目安)

※色の濃い部分が一般的にオススメの長さとなります。
※ピアスを開けたばかりの場合は、ピアスホールが腫れる可能性がございますので表の長さ+3mmをお選びください。
※ご不明な場合は、7mm~8mmがオススメです。軟骨ピアス用として人気が高く汎用性の高い長さとなります。
※商品到着後に、サイズが合わなかった場合は、返品・交換も可能です。(往復分の送料も当店で負担いたします。)

2.バーベルの太さ(ゲージサイズ)を選ぶ。

バーベルの太さ=ピアスホール(穴)の大きさで、ピアスを開けたときに使用した針の太さでもあります。
ゲージサイズ(単位:G)といわれ、数字が小さくなるにつれて太くなります。

20G:直径 約0.8mm(一般的なピアスの太さ。)
18G:直径 約1.0mm(一般的なピアスの太さ。)
16G:直径 約1.2mm(軟骨ピアスとしてやや細め。)
14G:直径 約1.6mm(一般的な軟骨の太さ。)

ゲージサイズが不明な場合は、細めの16Gをお選びください。
※16Gが細すぎた場合は、14Gへの交換も可能です。

3.素材を選ぶ。

当店で販売するバーベルは、18金イエローゴールド・プラチナ(Pt850)素材です。

一般的に人気が高い素材は、ゴールド素材となります。
職場でご使用される機会が多い方には、プラチナ素材も人気です。


※18金・プラチナは、メッキ素材など安価な素材と比べアレルギーの心配は圧倒的に少ない貴金属ではございますが、稀に金やプラチナ素材にアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。金属アレルギーが出てしまった場合は、返品・交換も承りますので、ご希望の際はお気軽にお申し付けください。

2).ピアスパーツの選び方。

ピアスパーツ

当店で販売する全てのピアスパーツは、当店で販売する全てのバーベルでご使用いただけます。
ピアスパーツに関しましては、ご使用になられるシーンや用途をイメージして、デザインなど見た目の印象だけでお選びいただいてよろしいかと思います。

なお、以下のページで部位(ピアスの位置・場所)別に、オススメのピアスパーツをご紹介しておりますので、少しでもご参考になれば幸いでございます。

ギフトセット

人気商品をパッケージにしたセット商品です。 プレゼント用としてパッケージ化した商品ですが、ご自分用としても大変人気の高いセット商品となっております。


※ギフトセットに単体のピアスパーツを追加していただくことも可能です。

3).ピアスショップの選び方。

快適にボディピアスを楽しむには、

ご自身に合ったバーベルの長さ・太さを選ぶことが重要ですが、

商品到着後に、
「バーベルの長さが合わない。」
「バーベルの太さが合わない。」
「金属アレルギーが出てしまった。」
「ちょっと、イメージと違う。」
このような場合は、理由の如何に関わらず、返品・交換も承りますので

ご希望の際は、お気軽にお申し付けください。


最後に、
picolletで販売する「すべてのピアスパーツ」は、
picolletで販売する「すべてのバーベル」に対応しています。

着替えるようにピアスパーツの組み合わせを変えて、毎日のピアスコーディネートを楽しんだり、ピアスパーツのコレクションを増やすことが楽しみになったり、毎日が少しでも「楽しく」なっていただけたら本当にうれしく思います。