品質評価について


宝石の美しさは、カラー(色調)、クラリティ(内包物・傷)、カット(輝き)、カラット(大きさ)の4つの要素で、おおよそ決まります。
当店では、お客様に少しでも実物に近いイメージを持っていただけるよう、当店独自の品質基準で宝石の美しさを評価し表記いたします。カラー・クラリティ・輝き(カット)の3項目と、その総合評価をご参考にしてください。

※カラットに関しては、重量(ct)または直径(mm)を記載するため品質評価からは除外します。



 
 


カラー │ Color


対象となる宝石の中で美しいとされる色調かどうか?
ダイヤモンドは無色透明、カラーストーンは、濃く鮮やな色調が高評価。




クラリティ │ Qlarity


内包物や表面のキズ・カケの有無とその大小は?
装着時に他者から見て欠点が気になるかどうかが、一つのポイント。


輝き │ Cut


内側からの輝きと表面のキラメキの強さは十分か?
カットの状態はもちろん、素材が生まれ持ったテリ・透明度も評価対象。



カラー・クラリティ・カット、3項目の評価に基づき、総合的に品質を評価。




評価方法


1.プロがルーペを使用し観察して、欠点が気になるか?

ジュエリー業界で15年以上の経歴を持つプロフェッショナルが、10倍のルーペを使用して観察し、欠点が気になるかどうかをチェックします。



2.肉眼で観察して欠点が気になるか?

約10cmまで商品に目を近づけて観察し、欠点が気になるかどうかをチェックします。



3.装着時に欠点が気になるか?

約50cmまで商品から目を離して、欠点が気になるかどうかをチェックします。




評価基準


カラー・クラリティ・輝き(カット)の3項目については、下記の基準で評価いたします。

SS

プロがルーペを使用して観察しても欠点を確認することが非常に困難、
または確認することができない最高ランク。

S

プロがルーペを使用して観察しても欠点が気にならない高ランク。

A

肉眼では欠点を確認することが困難な、中~高ランク。

B

肉眼では欠点が気にならない中ランク。
※ピアスとして使用される一般的な品質。

C

装着時に、欠点が気にならない中~低ランク。

D

装着時に、はっきりと欠点が確認できる低ランク。


総合評価の基準


総合評価については、カラー・クラリティ・輝き(カット)の3項目の結果に基づき、下記の基準で評価いたします。
※カラーダイヤモンドの場合は、カラー評価を除いた2項目での総合評価となります。



SS

3項目全てがSランク以上でSSランクの評価を含むもの。

S

3項目全てがAランク以上でSランクの評価を含むもの 。

A

3項目全てがBランク以上でAランクの評価を含むもの。

B

3項目全てがCランク以上でBクラスの評価を含むもの。

C

Cランクの評価を2つ以上含むもの。

D

Cランク以上の評価2つ未満のもの。


評価ポイント


カラー


ダイヤモンドの場合は無色透明。
カラーストーンの場合は色の濃さ・鮮やかさが評価ポイントとなります。


ダイヤモンドのカラー評価目安

※カラーダイヤモンドについて
その色調が魅力となるカラーダイヤモンド(トリートカラーを含む)については、カラー評価の対象外とします。


クラリティ


ピアスはクラリティの欠点が目立ちにくい位置に装着するため、 一般的には、中~低品質のクラリティグレードのものが使用されることが多いのですが、
インクルージョンの位置や大きさによっては、意識をしていなくてもインクルージョンが目立ってしまうことや、輝きを妨げてしまう場合もあります。
例えば、カフェでテーブルを挟んで座った友人から見て欠点が気になる範囲かどうか(Cランク以上かどうか)は最低限の基準としたいところです。


ダイヤモンドのクラリティ評価目安



輝き(カット)


宝石の「輝き」は、カットの状態と、その宝石がもともと生まれ持ったテリや透明度に起因します。
石の内側に取り込んだ光を理想的な角度で反射しているか、また石の表面に反射する光のキラメキは十分かを評価します。

ダイヤモンドの輝き評価目安